サッと塗るだけ!金属アレルギーでもコーティングで好きな腕時計を♪

サッと塗るだけ!金属アレルギーでもコーティングで好きな腕時計を♪

金属アレルギーとはどんな症状…?

金属アレルギーとは汗や水などによって腕時計など肌に直接触れるアクセサリーから金属イオンが溶け出し、肌に触れて反応し炎症を起こすことです。
お気に入りの時計が金属だった場合、どんな対策ができるのでしょうか?

↓腕時計の金属アレルギーを克服した対策方法について詳しくはこちら

金属アレルギー対策で腕時計がつけられるように!

腕時計の金属アレルギー対策について

腕時計は金属アレルギーの中でも一番悩んでいる方が多いと思います。
金属アレルギーの人にとって一番手っ取り早い対策は、金属ではない腕時計を選ぶことです。
例えばプラスチックや布、皮のバンドでできたものです。
でもこれでは真の解決策にはなりません。
全体が別の素材であっても、留め具の部分は金物で出来ている場合が多いからです。
また自分がどうしてもつけたい腕時計が金属の場合もあります。
この場合どうしたらいいのでしょうか?

コーティングで腕時計の金属アレルギー対策

コーティングが一番有用な対策で、金属が溶け出て肌に触れるのを、覆って防ぐという方法です。
金属アレルギーの人は金属が肌に触れなければ身につけることができます。
「メタルコート」と呼ばれる、透明のマニキュアのような形の商品を、筆などで腕時計に塗り、金属を樹脂でコーティングしましょう。
これなら肌に直接触れずに腕時計をつけることができます!

メリットとしては無色透明でベルト部分についても変色などは起こさず、手間をかけずに金属アレルギー対策ができるということ。
デメリットとしてはこの樹脂コーティングも摩擦や汗などで取れてきますので、3週間から1ヶ月に一度塗りなおさなければならないということです。

これで金属アレルギーを解決できるなら試してみる価値があるのではないでしょうか?



↓腕時計の金属アレルギーを克服した対策方法について詳しくはこちら

金属アレルギー対策で腕時計がつけられるように!

シェアする

フォローする