金属アレルギーの対策はステロイド!?

金属アレルギーの対策はステロイド!?
最近は金属アレルギーが増えて、歯も銀のかぶせ物による皮膚アレルギー予防をしてます。
金属アレルギーの人はメッキの安い腕時計などをつけるとひどい症状が出てしまうこともあります。
金属アレルギーで皮膚科を受診すると医師は対策としてステロイド塗布薬を処方します。

↓腕時計の金属アレルギーを克服した対策方法について詳しくはこちら

金属アレルギー対策で腕時計がつけられるように!

金属アレルギーにはステロイドが一番効く!!

ステロイドは治りが凄く早いので、まず金属アレルギーの症状を治されたい方はステロイドを使うのがオススメです。
でも代わりに副作用が酷いので、一生使っていくというのは少し疑問に思うこともあります。

金属アレルギーの症状が治ったら透明マニキュアでコーティング!!

私の通院している皮膚科の主治医からは「対策として透明マニキュアを金属やメッキに塗布して下さい」との指示を出されました。
透明マニキュアがコーティング役をしてくれ、金属が直接肌に触れるのを防ぐという事でした。
透明マニキュアは塗ってもほとんど目立ちませんので、腕時計の本来の色も他のアクセサリーも従来通りに使えます。

私は透明マニキュアではなく、金属アレルギー専用に開発されているメタルコートという商品を使っていrます。
見た目は透明マニキュアと何が違うのか全くわからないのですが、
金属アレルギー専用という事でなんとなくメタルコートを使っています^^;



私が金属アレルギーを発症するまで…

金属アレルギーは環境の変化や免疫力の低下でもおこります。
私も昔は金属アレルギーではありませんでした。
最初の兆候はズボンのベルト金具(バックル)だったのです。
お腹に湿疹と痒みが酷く皮膚科に通院しました。
最初は湿疹を消すための対策にステロイドの塗布薬を処方されましたが、「長く使わないように!治りは早いが対策しないとどんどん皮膚が弱りステロイドも強くなるからね」と言われました。
最近では非金属にも過敏にアレルギーが起こる症状もあり、歯のかぶせ物の銀が原因で皮膚が湿疹・痒みを伴っていました。
かなり費用はかかってしまうのですが、歯も対策として銀からセラミックへ交換行いました。
やすい腕時計ではなく、ブランドの腕時計でも症状の出方は変わりませんでした。

金属アレルギーの対策にはサプリも有効!!

金属アレルギーの対策は普段からの生活習慣も関わっているのではないかと思います。
いつから金属アレルギーという病名が付いたのか?現代はアトピーなど、皮膚疾患が多くなってきたなぁと感じます。
やはり免疫力の低下などで、一気にアレルギー体質の体になってしまっているような気がしてます。
ですので私は免疫力UPのためにも日々対策を行っています。

私は生活習慣を改善するために青汁を飲んでいます。
通常の青汁は苦くて絶対飲めないんですが、この青汁はとっても美味しく飲めているので、
長く愛用していこうと思っています^^
私が愛用している青汁はこちら!

↓腕時計の金属アレルギーを克服した対策方法について詳しくはこちら

金属アレルギー対策で腕時計がつけられるように!