ベルトのバックルの金属アレルギー対策方法!

ベルトのバックルの金属アレルギー対策方法!

ベルトのバックルで金属アレルギーを発症!

現代人において金属アレルギーは立派な病気です。
腕時計だけでなく、アクセサリーやベルトの留め金、ピアス等、
金属アレルギーを引き起こすものはいたるところに潜んでいます。
私はベルトの留め金でお腹がただれてしまい、皮膚科を受診しました。
皮膚科の先生曰く、対策としては「金属の部分に透明マニキュアを塗る」と言うことでした。

↓腕時計の金属アレルギーを克服した対策方法について詳しくはこちら

金属アレルギー対策で腕時計がつけられるように!

金属アレルギーは突然発症する!?

花粉やハウスダストによるアレルギー性鼻炎などは昨日まで大丈夫だったのに、
急に発症することが多い病気です。
腕時計による金属アレルギーについても同じことが言えると思います。
なぜなら、私が金属アレルギーを発症したのは30代の頃だったからです。

ベルトのバックルの金属アレルギーは痛い!?

ベルトのバックルによる金属アレルギーはとても痛いです。
痒みも酷くは赤くただれてしまい、しかもズボンやスカートなどのウエスト部分で擦れてしまいますので、
普通に生活するのも辛くなります。
出来る限り早く治したかったので、しばらくは皮膚科のステロイドを使っていました。

バックル部分を透明マニキュアでコーティング

バックル部分の金属アレルギー症状はステロイドで早く治したほうが良いと思います。
でもステロイドは副作用があり、しかも慣れてしまうとかなりキツメのステロイドでしか効かなくなり危険です。
金属アレルギーのひどい症状が治るまではステロイドを使用しましたが、
その後はステロイドを使用せず、私が通院した皮膚科の先生の「マニキュアで保護しなさい」という言葉を信じ、
金属部分を透明マニキュアでコーティングすることで金属アレルギーの症状は発症せずにすみました。
透明なので外観も損なわず、かなりおすすめの対策方法です。

こちらです♪



ファムズベビーで金属アレルギーを克服!

↓腕時計の金属アレルギーを克服した対策方法について詳しくはこちら

金属アレルギー対策で腕時計がつけられるように!