金属アレルギーだけど安い時計で対策に成功!

金属アレルギーだけど安い時計で対策に成功!

金属アレルギーは金属素材で対策出来るが…

18歳の頃に金属アレルギーである事が分かり、金属アレルギーの対策に良いと言われているチタンにしたり、プラチナや金などの貴金属を付けたりいろいろ大変でした。
中でも一番大変だったのが腕時計の金属アレルギー対策です。
プラチナや金の腕時計は一般人の私には到底買えない値段なので、
高校生の私はラバーベルトのbaby-Gで腕時計の金属アレルギー対策を行いました。

↓腕時計の金属アレルギーを克服した対策方法について詳しくはこちら

金属アレルギー対策で腕時計がつけられるように!

安い時計でも金属アレルギーの対策はできる

安い時計は金属アレルギーになるという認識の方が多いと思いますが、
安い時計でも素材を選ぶことで、十分に金属アレルギーの対策はできると思います。

私の場合、高校生の時は父親に買ってもらった腕時計を我慢して付けていました。
幸い季節は春だったので、汗で金属アレルギーが悪化するという事にはなりませんでしたが、
赤くなり、かゆみもありましたので、たまに外して手首を綺麗に洗って清潔にしたり、しばらく手首を休ませたりなど、
大変な思いをしました。
金属アレルギーの友達が夏は汗かくから絶対に症状が悪化すると言ってたので、
とりあえず夏休みにアルバイトをして、お金をためて腕時計の金属アレルギー対策をする決意をしました。

私が行った腕時計の対策

腕時計の対策にあたって、金属アレルギーの友達に聞いたのですが、
その子は金属部分に透明マニキュアを塗ってコーティングをする事である程度は対策が出来ると言っていました。
私は腕時計に透明マニキュアを塗るという方法は抵抗があったので、その方法は試さずに当初の予定通り、なんとか腕時計のみで金属アレルギーの対策をする事にしました。
アルバイトでためたお金で買える腕時計で金属アレルギーの症状が出なさそうだなぁと思ったのは当時流行っていたbaby-Gでした。
プラチナや金の腕時計など到底買えないので、小さくて色も可愛いbaby-Gを購入する事にしました。
ラバーベルトにしたおかげで、金属アレルギーで赤くかぶれていた手首のかゆみも収まり、夏も腕時計を付けて快適に過ごせるようになりました。
もっと早く対策を練っていれば良かったと思いました。

私が行った腕時計の対策

金属アレルギーでも症状が出る金属と症状が出ない金属はありますが、私はチタンでも反応してしまうので、確実に反応しないラバーか木製の腕時計を今でも愛用しています。
年齢が上がりましたが、運動系の仕事についたので、仕事中はずっとラバーベルトの腕時計をしています。
流石にこの歳でbaby-Gは使えないので、おしゃれなラバーベルトの腕時計をたくさん集めて、気分で付け替えています。
木製の腕時計も持っていますが、夏は汗をかいて気持ち悪いので、木製の腕時計は冬によく使っています。
メタルバンドの腕時計をしたいという思いは今でもありますが、私のライフスタイルではそこまで必要不可欠なものではないので、現状のラバーと木製の腕時計で満足しています。

最近購入した腕時計

私が最近購入した、ラバーベルトと木製の腕時計をご紹介します。
ラバーでも木製でも十分にオシャレを楽しむことも出来ます。
私のように金属アレルギーに悩む方のお役に少しでも立てれば嬉しいです(^-^)