金属アレルギーは皮膚科でのパッチテストが重要

金属アレルギーは皮膚科でのパッチテストが重要

金属アレルギーになったら皮膚科でパッチテスト!

「金属アレルギーかも」と思ったら、早めに皮膚科を受診してパッチテストを行う事が重要だと思います。
金属アレルギーになってからの対策は、金属アレルギーと上手く付き合うことだと私は思います。

金属アレルギーになったきっかけ

金属アレルギーになったのは、私が大学生になったころでした。
当時の彼氏からプレゼントされた指輪でかぶれてしまい、金属アレルギーだと判明しました。
指輪の素材はシルバーだったのですが、指輪の跡が、はっきりとつくくらいかぶれてしまい、痒くなりました。

ピアスでも同じ症状

ピアスをあけた瞬間は金属アレルギーの症状が出ませんでした。
知人に「チタンだと金属アレルギーの症状が出にくいよ」と聞いていたので、早速チタンのピアスを購入しました。
つけてしばらくすると、すぐにはげしいかゆみが襲ってきて、すぐに外してしまいました。
チタンよりもシルバー良いのではという勝手な思いで、シルバーのピアスに変えてみたのですが、
結果はほぼ同じで、チタンほどではありませんでしたがかゆくなりました。

↓ピアス金属アレルギーを克服した対策方法について詳しくはこちら

金属アレルギー対策でピアスがつけられるように!

皮膚科でのパッチテストが一番大事

パッチテストは検査費用が高いのかなと思っていたのですが、
以外に安価でしたので、もっと早めにするべきだったと後悔しました。
皮膚科でのパッチテストの結果、やはりチタン・シルバーに金属アレルギーの反応が出ました。

現在の金属アレルギーの対策としましては、指輪やピアス・ネックレスなどのアクセサリーを購入する際に、
プラチナコーティングがされているものを選ぶようにしています。
それ以来、金属アレルギーとは、上手く付きあえています。

▼最近購入した私のお気に入りの指輪です^^

私は4月生まれなので、ダイヤモンドにしましたが、
全ての誕生石が揃っていますので、おすすめですよ♪