金属アレルギーのパッチテストの方法

金属アレルギーのパッチテストの方法

金属アレルギーになったらまずはパッチテスト

高校生の頃、ネックレスを付けてからしばらく経って首回りが痒くなり、これはもしかして金属アレルギーかもと思い、ネックレスを外すとしばらく経ってから痒くなくなりました。友人がパッチテストで金属アレルギーの症状が出る金属と金属アレルギーの症状が出ない金属を把握していると話していたのを思い出して、私もパッチテストをして金属アレルギー対策をしたいと思いました。

パッチテストの方法は?

パッチテストがどういうものかもわからなかったのでパッチテストをしたことがあるという友人に聞いてみました。
パッチテストの方法は皮膚科で受けることが出来るという事でした。
私は早速近所の皮膚科へ行き、金属アレルギーが出た時の症状を伝え、何の金属に反応するのか、じっくり検査を受けることになりました。
皮膚科のお医者さん曰く、金属アレルギーの1番の対策は、どの金属に反応して金属アレルギーの症状が出ているのかを把握しておくことだという事でした。
普段の生活の中で金属アレルギーの反応が出るものと出ないものを理解しておくことで、しっかりと金属アレルギーの対策ができるようになります。
私の場合、純金やプラチナなどは大丈夫ですが、合金などはが肌に合わず、金属アレルギーの反応が出るので、合金で作られたネックレスの着用は出来ないことがわかりました。

パッチテストで最善の金属アレルギー対策を

皮膚科できちんとパッチテストを行い、多くの金属アレルギー検査ができるので、その結果をみて、普段から使えるアクセサリーなど判断できるようになりました。
金属アレルギーの症状が出ているのに無理して付けておくと、かゆみも増して更に悪化することになるため、早めに外し、対処することが大切です。

↓ネックレスの金属アレルギーを克服した対策方法について詳しくはこちら

金属アレルギー対策でネックレスがつけられるように!