腕時計の金属アレルギーは素材に注意!金がおすすめ!

腕時計の金属アレルギーは素材に注意!金がおすすめ!

腕時計を楽しみたい

腕時計はファッションの一部として楽しみたい!
でも金属アレルギーをお持ちの方にとっては、着けたいものが肌に合わないとつらいです。
そこで、おすすめの対策を具体的にお伝えします。

↓腕時計の金属アレルギーを克服した対策方法について詳しくはこちら

金属アレルギー対策で腕時計がつけられるように!

金属アレルギーの避けたい素材は!?

金属アレルギーの人にとって、ステンレスは最もアレルギー反応を起こしやすい素材なので、絶対に避けましょう。
チタンも、ステンレスほどではないですが金属アレルギーを引き起こします。

素材を選んで症状を抑える!

素材を選ぶことで、アレルギーを心配せずに腕時計でのオシャレを楽しむ対策ができます。
まずおすすめの素材が「金(ゴールド)」です。
ゴールドの中でも14k、18k、24kと様々な濃度がありますが、腕時計ではほとんど18Kです。
18kは金の濃度も高いので、アレルギー反応をほとんど引き起こしません。



一番おすすめの素材は「プラチナ」ですが、
プラチナは、安全性が高いので高級ジュエリーで使われることも多いですし、長年使用しても変色しにくく、錆も生じません。
ですので、金属アレルギーの方には一番おすすめですが、とても高額なので一般人には到底手が出せない超高級腕時計です。



着け方でも金属アレルギーの対策はできる

お金をかけずにできる対策としては、腕時計の素材ではなく、「着け方」です。
肌と金属部分の密着をさけるために、腕時計を「ゆるめ」に着けることをおすすめします。
ゆるめに着けると肌と金属部分の間に空気が生まれ、長時間着けていても汗をかきにくくなります。
汗をかいても金属部分と汗が密着しにくくなるので、アレルギー反応が起きにくくなります。

↓腕時計の金属アレルギーを克服した対策方法について詳しくはこちら

金属アレルギー対策で腕時計がつけられるように!

シェアする

フォローする